当社はお客様の大切な家を屋根工事をさせていただくのに、一番大切なのは、材質や仕様、金額、良い職人が心をこめて作業をし、お客様がご安心して生活できるよう一生懸命施工する事が一番大事だと考えています。

無料お見積もりのご依頼はこちらから

屋根工事のポイント

・既設の屋根の材質が何か正確に把握する
・入念に下地処理をする(きちっとした施工をしないとめくれ等不具合が発生します)
・瓦・カラーベスト・ムニエル瓦・セメント瓦、各種専用の塗料で施工する
・ご近所へ迷惑がかからないよう注意する
・ご近所への工事前のご挨拶
・ご近所への塗料の飛散・臭い等の対策
・爆裂・ひび割れ・コーキングの打ち変えしっかり施工する
・基本工程の厳守

屋根塗装の作業工程

STEP1

塗装する屋根面を高圧洗浄機で、水洗いし汚れなどを完全に洗浄します。その後2~3日乾燥させます。
乾燥が不十分な場合、塗膜薄利の原因になります。

STEP2

シーラー剤を塗布し、下地処理を行います。
金属物には専用のリフレッシュコート金属用プライマーを使用してください。

STEP3

仕上げの塗装は、下塗りと上塗りが必要です。配合基準に従って、リフレッシュコートを調合し、十分に攪拌します。

STEP4

中毛または長毛のローラーで下塗りした後、2時間程度放置します。乾燥したことを確認してから、下塗りと同様に上塗りを行います。

STEP5

塗装後、水切部で上下の板が接着している箇所は、「縁切り」を行います。
縁切りをしないと、雨漏りにつながる恐れがあります。

囲い込み屋根工法について

囲い込み屋根工法とは、既存の屋根を解体することなく、石綿スレートを囲い込む工法です。屋根面の解体・除去作業がないため、施工が迅速であることに加え、すみながらのリフォームが可能。従来の工法と比べて無駄な費用がかかりません。

1. 普段通りの生活が可能
解体作業を行わず、既存屋根をそのまま囲い込むことで作業時間を大幅短縮。
施工しながら普段通りの生活が送れます。
2. 抜群の施工性で工期短縮
標準3030m長尺サイズに加え、独自の横つなぎ工法と、約40種類もの部材で圧倒的な施工速度を実現します。
3. 廃材を大幅に削減
既存の屋根を覆い被せる施工方法なので、従来のリフォームなら解体、除去作業時に発生する廃材が出ません。

屋根工事の流れ

1. 事前確認・足場工事
2. 先付け部品の取付
3. 下地の取付
4. 本体の取付
5. 後付部品の取付
6. 清掃・完成

屋根工事も銅一板金工業所におまかせください。

屋根の種類について

折板

主な特徴
■ダイナミックな美しい景観
屋根面にボルト頭のでないハゼ締め工法ですっきりとした外観美が得られ、安定感と重量感あふれる雄大なデザインを演出します。

■頑強で優れた防水性能
高い断面性能を持つ構造で、ハゼ締結部は二重構造で頑強、雨水による毛細管現象をカットする水密機構でスガ漏れも防止します。

主な用途
■工場、倉庫、体育館、店舗など大型屋根から車庫や物置小屋まで幅広く使用されています。

二重断熱防音工法

主な特徴
■冷暖房費を軽減
上下折板の間に断熱材をサンドイッチ状にした構造で、熱エネルギーのロスを防止する省エネ工法。

主な用途
■化学工場、食品、保冷工場、倉庫、その他空調を必要とする
工場、体育館、動物園などの工場。

■既設屋根の上に葺くことも可能です。□既設屋根の上に葺くことも可能です。

瓦棒

主な特徴
■溝板と通し吊り子を取り付けした水密性の高い工法。
■R屋根などあらゆる屋根に施工可能。
■既設屋根を撤去せずに二重葺改修も可能。

立平葦

主な特徴
■ハゼ゙部は7重構造となり、毛細管現象をカットし防水材の装填により雨水の浸入を完全にシャットアウトします。
■R屋根などあらゆる屋根に施工可能。

横葦

AT葺
■葺上がりラインがソフトで美しく、重厚な雰囲気をつくります。
段葺
■段葺きの水平ラインが屋根全体をソフトに包み、高級感をかもしだします。

金属瓦

主な特徴
■溝板と通し吊り子を取り付けした水密性の高い工法。
■R屋根などあらゆる屋根に施工可能。
■既設屋根を撤去せずに二重葺改修も可能。

無料お見積もりのご依頼はこちらから