外壁リフォームや屋根リフォームの施工によって得られる、主な効果は3つ挙げられます。

見た目の向上

美しい色や模様の外壁へとリフォームすると、建物の印象がはっきりと変わります。建物全体の印象をガラリと変えることができ、建物が生まれ変わります。

建物の寿命の変化

外壁は、断熱効果や防音・遮音効果をもっています。外壁リフォームをすることで、これらの効果を上昇させることができます。熱によるダメージを軽減できるので、外壁だけでなく、建物自体の寿命も延ばすことができます。

耐久性能の向上

外壁は常に建物自体を支えているため、大きな負荷がかかっているため、老朽化が激しく進みます。 しかし、外壁リフォームをすることで、効率よく建物自体の負荷を軽減する事ができるのです。

無料お見積もりのご依頼はこちらから

外壁リフォームの種類

外壁塗装(塗り替え)

外壁塗装とは、外壁を樹脂層でコーティング(塗り重ねて膜を作る)する工事のことを指します。
コーティングする際には、ある一定以上の膜厚を満たさないと、劣化が早まってしまうので注意が必要です。住宅家屋の外壁塗装(塗り替え)では、水洗いにて 汚れを除去し旧塗膜にプライマーなどの下塗剤を塗り、その上からトップコートを2度塗りするのが一般的です。トップコートは、外部の環境に耐えることので きる樹脂で構成されています。

張替えリフォーム

張替えリフォームとは、外壁を張替えてリフォームすることを指します。
その際、外観だけでなく、防火性・耐震性なども考慮しましょう。外壁材の種類は木板・モルタル・サイディング・ALC/RCなど、多岐に渡っています。業者の方と相談の上、どの外壁材を使うのかを決めましょう。

屋根リフォームの種類

葺き替え

痛みが激しい時、また屋根材を変更し、軽くしたいなどの時におすすめです。 同じ種類の瓦を使用することはもちろん、形状の違う物を選ぶことも可能です。(建物の構造に合わせた重量など、お客様に合わせアドバイスさせていただきます。)また、下地の痛みがある場合は、下地修理を同時に行なう事ができます。 一部の瓦が割れている等のトラブルであれば、その箇所のみを交換修理することも可能です。

カバー工法

今ある屋根の上から重ねて葺く工法です。既存屋根材の処分がほとんどなく、粉塵を出さずに短い期間で作業が終わるのが特徴ですが、今ある屋根の上に重ねるので重量が重くなる、下地の状況によっては施工が難しい等のデメリットもあります。 粉塵を撒き散らさないことから、アスベスト対策としても注目されています。

塗装

色あせが目だってきた場合は、屋根材の塗り替えをおすすめします。 定期的に塗装を行なう事で、耐久性が上がり、屋根自体の寿命を延ばすことができます。【目安は10年(初回は8年)】

無料お見積もりのご依頼はこちらから